カートをみる マイページへログイン 初めての方へ お問い合せ サイトマップ
RSS
 

おいしい珈琲の飲み方

おがた珈琲・おいしい珈琲の飲み方

おがた珈琲ではサイフォンにこだわりをもって淹れています。
皆様がご自宅で召し上がる場合は、それぞれお好みで入れてください。


ペーパードリップ
フィルターをドリッパーに密着させて置きます。
コーヒー豆の粉を10gくらい(1杯分)入れて少し揺すり、粉を平にしてください。
お湯を注ぎます。粉より4cmくらいの高さからゆっくりと粉全体が湿るくらいの量を注ぎます。
この状態で30秒くらいそのままにして蒸らします。
今度は粉全体に均等に行き渡るようにお湯を注ぎます。
やはり円を描くように全体に注いでください。
お湯を足す場合は粉がへこんで、お湯がサーバーに落ちきる前に注いでください。
ペーパードリップ
●豆は[中・細挽き]
●お湯は80℃?90℃
●30秒くらい蒸らす
●ドリッパーの周辺部の豆の粉に、円を描くように少しずつゆっくりお湯を注ぐ

サイフォン
ドリップなどの場合は水道水で差し支えありませんが、サイフォンでの抽出には、なるべく市販のミネラルウォーターなどの良質な水を使用うといいでしょう。豆は中挽き。
まず、フラスコに沸騰したお湯を注ぎ、アルコールランプに火を入れます。
ロートにフィルターを付けフラスコに差します。
泡が出てくるまで沸騰したら、ロートにコーヒー豆の粉を入れます。
粉の量は12g(1杯分)を人数分入れます。
※2杯分以上つくる時は10g×人数分×0.2でOK。
※サイフォンでつくる場合は1杯だけというのは難しく、なるべく多く3杯以上つくるとおいしくできます。
お湯がロートに上がってきて、全部上がりきったら、お湯に浸っていない粉をヘラなどで浸けてお湯になじませます。
この時、絶対に激しくかき回さないこと。苦味や渋味まで出てしまいます。あくまで軽く浸けるだけ。
粉を浸したら、そのまま約1分蒸らします。
1分経ったら、アルコールランプを消し、ロート全体を(上だけでなく底の方まで)ヘラなどで軽く3回くらいかき混ぜます。
しばらくすると、コーヒーがフラスコ側へ下りていきます。これで完成。
サイフォン
●豆は[中・細挽き]
●ミネラルウォーターなどでつくるとよりおいしくできる
●お湯に浸かったコーヒー豆の粉は全体を軽くかき混ぜる(激しくしない)
●1杯分より多くの杯数つくるとよりおいしい

水出し
アイスコーヒーをつくるのに適した方法です。
専用の「水出しポット」を購入しておく必要があります。
※お湯出しでもアイスコーヒーはできます。その場合、[中挽き]粉を使うようにしましょう。
水はお湯と違って抽出しにくいので、しっかり抽出するため、豆はアイスコーヒー用のもので、細挽きの粉を使用します。
水出しポットのストレーナーに粉10g(1杯分)を人数分入れます。
粉を入れたら、ストレーナーを少し揺すり、粉を平にして、少しずつゆっくりと水を注いでいきます。
水が適量入ったところで、棒でゆっくりかき回してください。
激しくかき回すと粉がストレーナーから出てしまい、味に影響しますので、ゆっくりと。
水を入れ終わったら、冷蔵庫へ入れます。
水出しポットの蓋の上から注ぎ口をラップをしてください。
冷蔵庫の匂いが移らないためです。
冷蔵庫で8時間?10時間寝かせてください。
好みに応じて時間を調整してください。ただし、あまり寝かせておくと苦みや渋みも増しますので注意が必要です。
水出し珈琲ポット
●豆は[細挽き]
●水は硬水を使わない。
●苦み、渋みが増すのであまり寝かしすぎないこと。
●時間はかかりますが、できあがった後ドリッパーでさらに濾すと微粉などがなくなり、さらにおいしくなります。